レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:13-10-2018

減量をしようと思ったとき、
食事の量を減らし、炭水化物を減らし、油分を減らす人が
多いみたいですね。

でも、皆さんが思いつくこの減量方法が
合わない人って、結構多いんですよね。

確かに、一時的には体重が減るでしょうが、
それはただ食事をしなかった分が減った…というだけで、
根本的にからだは何も変わっていないため、
すぐにリバウンドしたり、少し食事をしただけで、
太るからだになってしまうのです。

皆さんは
日常生活の中で一番カロリーを消費する行動は何か知ってますか?

それは「食事をすること」なんです。

俺たちのからだは、
食べ物を消化、吸収、代謝するために最もカロリーを使います。
食事の量を減らす減量をしている人は、
この消費カロリーが少なすぎるのです。

なので、食事がうまく代謝されず、
たくさん食べているわけじゃないのに
減量が成功しないという結果になるんです。

減量が成功しない原因は、
食事でのカロリー摂りすぎなのではなく、栄養不足。

つまり、
脂肪を燃やすための栄養素が足りないということなんです。

これらの栄養素はただでさえ不足しがちなため、
食事を制限した減量をすると、
ますます不足してしまうんですね。

だから、
からだの余計な脂肪が燃やすことができなくなってしまう…
これじゃ、かえって太っちゃいますよね。

「減量=食事をしないこと」という、
これまでの常識に惑わされないことが大切なんですね!

減量を成功させたいなら、
しっかり食事をしなきゃダメなんです!

嗚呼,いい気分


ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切