レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの



レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:16-8-2015


ぐっどいぶにんぐー

腹式呼吸が健康にいいという話はよく聞きますよね。

減量にいいという柔軟やウォーキングも、
基本は腹式呼吸をすることから始まります。

腹式呼吸とは、
ウエストの横隔膜を下げることによって息を吸い込んで、
逆に押し上げることで息を吐き出す呼吸法です。

これをすることによって、
内臓の血行が良くなっていったり、
大胸筋や腹筋が鍛えられて、基礎代謝量アップにもつながるそうです。

腹式呼吸の方法は簡単!
まずは息を全部吐き出します。
次に、鼻からゆっくり吸って、
この時ウエストもいっしょに膨らむようにします。

ちょうど、ウエストに風船があって
その風船を膨らませるようなイメージをすると良いかもしれませんね。

めいっぱい吸ったら、
今度はウエストをへこませながら、ゆっくり息を吐き出します。
ウエストの風船をしぼませるようなイメージです。

肩で呼吸をするのではなく、
ウエストで呼吸をするというのがポイントですね。

あたくしたちは、横になっている時やイスに座っている時、
自然と腹式呼吸をしています。

一度、仰向けに寝転んで呼吸をしてみてください。
呼吸に合わせて、ウエストが膨らんだり、へこんだりしていませんか?

普段の生活から腹式呼吸を取り入れるのは難しくても、
ふと思いついた時に、
10~20回ぐらい腹式呼吸でゆっくりと深呼吸してみるといいでしょう。

あたくしたち人間は、1日で26,000回も呼吸しているそうですから、
ちょっとしたことでも、
積み重ねれば減量にはもちろん、
健康面でもいい効果が期待できるでしょう。

腹式呼吸をやれば、絶対やせるということではありませんが、
減量効果をサポートするという意味で、
呼吸に気をつけてみるのもいいと思います。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
一時的なレーシックにおける後遺症
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシック後には感染症に注意
レーシックで老眼も治療可能
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力がハッキリと回復するレーシックガイド