レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意


レーシック後には感染症に注意
感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。




レーシック後には感染症に注意ブログ:16-9-2018

もともと料理屋に生まれたオレは、
幼い頃から出前やら洗い場やら手伝いを強いられました。

遊びたい盛りなので、
その頃はイヤでイヤで仕方なかった記憶があります。

勉強嫌いなオレが試験前に珍しくやる気を出すと、
決まって出前の注文がきたものです。

文句を言っても、
普段から勉強していないためそれも通じず、
泣く泣く出前に行かされる羽目になりました。

とにかくパパもお母さんも忙しくて、
暖かいごはんを食べることも、
家族そろって夕方食を囲むことも、
正月くらいしか記憶にありません。

学校の弁当は
いつも自分で前の日の残りものと
冷やごはんを詰めて持って行きました。

料理屋は表から見れば、
綺麗な料理を作る綺麗な仕事かもしれませんが、
裏から見れば休みもなく、とにかく下仕事が多くて辛い仕事…

オレはそれが身にしみていたので、
大学を出るまで父母の店を継ぐなんてことは考えもしませんでした。

ただ、
嫌々ながらも料理の手伝いはしていましたから、
「うまい」「まずい」は身体が自然に覚えました。

家では手の空いた者から食事をとるというのが当たり前で、
時には刺身の切れ端や料理の残りものもありましたが、
大半はごはんとおしんこと味噌汁だけでした。
でも、それで十分でした。

漬物はそれだけでごはんをおいしくいただけるすぐれもの。
今でも漬物だけはおいしいものを食べたいと思います。

糠床を日々かきまわしていくうちに
何となくコツがわかってきます。

ごはんをおいしく炊いて、おしんこをおいしく漬けられれば、
たいていの料理はおいしく作れるんじゃないでしょうか?

レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
一時的なレーシックにおける後遺症
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシック後には感染症に注意
レーシックで老眼も治療可能
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力がハッキリと回復するレーシックガイド