悩みの遠視もレーシックで治療

悩みの遠視もレーシックで治療


悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。




悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:13-11-2018

あたしには、いつも大切にしている言葉があります。

それは、生前祖母がいつもあたしに言ってくれていた
「やらんで後悔するなら、やってから後悔しなさい」
という言葉です。

あたしが、小樽に行く前、
祖母は半身麻痺の状態で、
ずっとベッドの上にいる生活を送っていました。

あたしは仕事を続けながら、
家族や親戚と協力し、祖母の介護をしていました。
そんな中、あたしに会社から小樽へ転勤する辞令が下されたのです。

会社に入って
ずっと希望していた職種へ移動できる嬉しさや驚きもありましたが、
辞令を受けた直後は、正直あたしは戸惑いました。

小樽に行くという事は、地元を離れる事になります。
そして、寝たきりの祖母を置いて行く事にもなります。

今でも大変なのに、
あたしが小樽に行く事によって
家族や親戚の負担も大きくなります。

そして、何よりも
大好きで大切な祖母と一緒にいれなくなる事は
あたしにとって辛くて寂しい事でもありました。

いつも、
あたしが悩んでしまった時の一番の相談相手は祖母でした。

そこで、
転勤の辞令を受けた事、嬉しいけど戸惑いがある事、祖母と離れたくない事、
いっそ会社を退職し祖母のお世話をしようかな…などを
祖母にぽつりぽつりと伝えていきました。

祖母は、ベッドの上で、
うんうんとあたしが言う言葉を聞きながら質問をしてきました。
「で、あんたはどうしたいん?」

そこであたしは、
小樽でやりたい事にチャレンジしてみたい…と伝えると、
祖母は動くほうの手で優しくあたしの頭をなでながら、
「おばあちゃんの事はええから行っといで」

そして、あの言葉を言ってくれたのです。
「しないで後悔するよりも、なんでもやってから後悔した方がええ」


悩みの遠視もレーシックで治療

悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
一時的なレーシックにおける後遺症
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシック後には感染症に注意
レーシックで老眼も治療可能
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力がハッキリと回復するレーシックガイド