一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:29-7-2017


間もなく臨月を迎える嫁のウエストは、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張ったウエストを撫で回すのが、
最近の僕の楽しみと癒しとなっています。

ウエストを撫で回しながら、
嫁と子供のことについて話をするのもまた、
僕にとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは嫁に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
この子供の遺伝子は50%が僕、50%が嫁でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
僕と嫁の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
僕と嫁は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、僕や嫁ではどう頑張っても持てないものを、
この子供は持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
僕の遺伝子を50%引き継いでいるということは、
僕の父親と母の遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
嫁の父親と母の遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの親の父親と母の遺伝子も引き継いでいて、
僕と嫁それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて… 
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

この子供は、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。




注文住宅の専門です
http://www.aqura.co.jp/usersvoice/

ナカノのオススメ情報
http://www.abc-store-japan.com/page/415

伊豆 別荘はこちら
http://www.izumirai.com/

小平つかさ、今すぐアクセス
http://tenbaishinchan.com/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%8B%87%E6%A8%B9%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%81%E5%B0%8F%E5%B9%B3-%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%89%E3%81%9B%E3%81%A6/


ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切