レーシックは両目に限ったことではない

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。



レーシックは両目に限ったことではないブログ:19-9-2018

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

「運動が大嫌い!」「でも痩せたい!」
そんな方でも、ダイエットは不可能ではないと思うんですよね。

基本的に私たちの肉体は、
特に意識しなくてもエネルギーを消費しています。
座ってテレビをみているだけでも、寝ている時だって、
エネルギーが消費されています。

大雑把にいってしまえば、
摂取したエネルギーが消費するエネルギーより少なければ、
何もしなくても痩せるという理論になります。

極端な話、何も食べずに寝ていれば、
そのうちガリガリに痩せるでしょう。
ただ、それではさすがに健康的なダイエットとは言えません。

絶食によるダイエットは、
専門家について行わなければとてもリスキーなのです。
リバウンドの可能性も高まるので、避けた方がいいでしょう。

連日食べているおやつをチーズケーキから和菓子に変えたり、
食べる事を野菜中心にしてみたりするだけでも、
摂取エネルギーを減少する事ができるわけです。

エネルギー消費を助けるたんぱく質も、
意識的に摂ると一層いいですね。

あまり初めから、食べる事制限をやりすぎると、
すぐに息切れしてしまいますから、
無理なく少しずつ実行してみてくださいね。

ダイエットは、継続できて初めて成功です。
どうしても食べたいものがあったら、
我慢しすぎないで少しだけ食べるというのも一つの手です。

ストレスになるほど我慢したり、
神経質になりすぎるのは止めてください。

ダイエットを始める前に、毎週の目標体重を決めておき、
「達成すればその日だけ食べたいものを食べていい」
などのルールを決めておくと楽しみながらできますよ。

ダイエットを楽しんで、ラク〜に痩せましょう!

嗚呼,気分爽快

ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切