レーシック後には感染症に注意

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。



レーシック後には感染症に注意ブログ:15-12-2018

みなさまは、
シェイプアップというと、
「食べる事制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

食べる事の回数を減らすとか、食べる事を抜く…といった、
過酷なシェイプアップをイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されているシェイプアップでは、
24時間3食の規則正しい食べる事を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりの食べる事の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

シェイプアップ中にこそ
規則正しく食べる事する必要があるのには、
それなりの理由があります。

ぼくたちの身体は、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

食べる事に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後の食べる事では、
とにかくできるだけ多くの栄養分を身体の中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、24時間2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすい身体になってしまうわけです

食べる事抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

ぼくたちの身体の特性から考えると、
食べる事の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しい食べる事のほうが、
シェイプアップには効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすい身体になるんです!

ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切