レーシック後には感染症に注意

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。



レーシック後には感染症に注意ブログ:11-10-2018

痩せられない原因には、
カロリーオーバーやトレーニング不足、ストレス、タバコなど様々あります。

でも、意外と見落としてしまいがちなのが、
からだに溜まった脂肪を燃焼しやすくしてあげるということ。

多少「食べ過ぎたかな?」と思っても、
脂肪燃焼効率が良ければ、脂肪がつきにくく
痩せやすいからだだと言えます。

どうすれば痩せやすいからだになるのかというと…

大切なのが
「からだを冷やさない」ということです。

からだを冷やすと血液の循環が悪くなり、
からだの防衛本能が働いて、
寒さから身を守るために
皮下脂肪を溜め込んでしまいます。

なので、
からだを冷やさないことは、
皮下脂肪を溜め込まないことにつながるのです。

また、
からだが冷えると基礎代謝も低くなりますので、
痩せにくいからだとなってしまいます。

では、
からだを冷やさないためには、
どんな方法があるのでしょうか?

食べ物による食べる事療法やマッサージなど色々な方法がありますが、
簡単な方法としておススメなのが「温冷浴」です。

シャワーだけの人も最近は多いのですが、
ダイエットする人にとって湯船に浸かる入浴は、
1日の疲れを取るだけでなく、
からだに溜まった脂肪を燃焼させる意味でも欠かせませんよ。

そこで、より脂肪燃焼効率を高め、
痩せやすいからだを作るのに威力を発揮するのが、
温めたら冷やす「温冷浴」なのです。

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びることで血管が収縮し、
血行が良くなり、自律神経の働きもスムーズになります。

方法はいたって簡単。
最後に冷水で終わるのがポイントです。
是非、日々の入浴に取り入れてみませんか?


ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切