悩みの遠視もレーシックで治療

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

貸事務所ドットコム
http://new-of-search.jp/



悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:16-10-2018

一週間位前から飼い始めたミドリガメを
「かわいー!」とつぶやきながらながめるむすめの姿を見ていて、
あたくしは十年前のあの日のことを思い出していた。

身重だった嫁が体調を崩し、
緊急入院した病院から夜更け、
赤ちゃんが生まれそうとの連絡が入った。

とるものもとらず、すぐさま駆けつけると、
嫁は一人、ベッドにいた。

ねぎらいの言葉をかけたあたくしに、
嫁はやさしい笑顔をくれると、
寂しそうな面持ちで「別のお部屋にいるの…」と言った。

むすめがいるという部屋の壁は一面ガラスばりになっていて、
小さめの赤ん坊が
これまたガラスばりの保育器に寝かされていた。

ふた月も早く生まれてきたむすめの身体には
たくさんのクダがついていた。

あたくしは、みじろぎもしない娘に話しかけると、
思いが通じたのか、小さな小さな脚をゆっくり動かし出した。
それは、まるであたくしに何かを伝えようとしてくれているようだった。

あたくしはその時、むすめに約束をした。

「君には苦しい思いをさせてしまったね。
この世にやって来るのが少し早すぎた分、
誰よりも楽しいと思ってもらえるようにがんばるからね。」

二重のガラス越しに伝えた一方通行の約束…

むすめは今年で小学五年生。
連日、元気に学校へ行き、
将来はアイドルになることを夢見ていて、
今ではあたくしの一番の話し相手になってくれている。

むすめは、
ガラス越しに伝えたあの約束のことを知らない…
あたくしも照れくさくて、今さらクチにできないでいる。

でも、むすめのたくさんの笑顔を見るたびに、
あの約束は一方通行ではなかったのでは…と思う。

むすめのおかげで、
ささやかでも幸せを積み重ねていく素晴らしさに
出逢えた気がする。

むすめよ
「生まれてきてくれてありがとう!」

ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切