視力がハッキリと回復するレーシックガイド

視力がハッキリと回復するレーシックガイド

数々のレーシックに関する情報を盛りだくさんにご案内しています。
当サイト《視力がハッキリと回復するレーシックガイド》をまずはブックマーク登録をして是非お役立てください。普段普通に生活をしていて、この時にメガネをしていなかったらどれだけ便利なことか…と思ったこともあるでしょう。
そこでレーシックの出番なのです。レーシックでしたらメガネが必要の無い生活を実現することが出来るのです。

 

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。

 

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。




視力がハッキリと回復するレーシックガイドブログ:20-1-2019
一週間くらい前、
フリーで仕事をしているわたしのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどわたしは一日悩み込んでしまいました。

「妻と子供のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のわたしが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

わたし一人では答えが出せず、
思い切って妻に相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
妻も答えが出せずにいました。

もちろん妻にとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど妻の心の中にも、
「夫にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな妻の気持ちを知ったとき、
わたしは「はっ」と気付きました!

今までわたしは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもわたしは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを妻や子供に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたわたしは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。


ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切
視力がハッキリと回復するレーシックガイド モバイルはこちら